logo

|| 参加者の方へ | 句会認証 | 投句時 | 選句時 | 結果時 | | 運営者の方へ | 句会の流れ | 管理方法 || 質問 ||

特徴

(1) ネット句会がお手軽に運営できます。
(2) 選句の際の俳句の入れ替えや作者名の消去などの面倒な作業が自動的にできます。
(3) 点数の集計も自動的にできます。
(4) 過去の成績はいつでも見ることができます。
(5) 俳句や選はパスワードで保護されています。


句会認証

自分が参加している句会の認証を受けて下さい。運営者から教えられた句会名とパスワードを入力して『認証」ボタンを押すだけです。これで投句や選句をしたり、結果を見たりすることができます。

システムの様子は句会名『サンプル句会』パスワード『sample0123』で見ることができます。


投句時

俳号(名前)と俳句を書きこんで、投句ボタンを押すだけです。俳句を書く欄の数の投句が義務付けられていますので、全ての欄に俳句を書いて下さい。

システムが投句を受け付けると
何とかさんの投句を受け付けました。
とメッセージが表示されます。このメッセージが出ない場合には、何らかの理由で俳句が投句されていないと思われます。
自分の俳句が投稿されたかが分からなければ『管理』に移動してみて下さい。現在の投句選句状況の欄に自分の名前があればシステムは投句を受け付けています。


選句時

俳号(名前)を書きこんで、選をして下さい。特選なら俳句の上のチェックボックス2か所にチェックを、並選なら1か所にチェックをして下さい。特選を選ぶ必要のない句会はチェックボックスは一つしかありません。並選なら左右どちらにチェックをしてもいいです。何句選ぶかは上に記載されていますので、それを守って下さい。それ以上でもそれ以下でもシステムは受け付けません。もし、多くの選をしたい場合には、上にある『私は既定数にこだわらすに選びます。』にチェックして下さい。

また、できるだけ選んだ俳句の下には評を書いて下さい。選をしたもの以外にもコメントができますので、下選だったとか、修正案やコメントなどを書くのに利用して下さい。


結果時

ここでは、選句の結果を発表します。は特選をは並選を示しています。また、人の選や自分の俳句についてコメントすることができます。コメントはただちに反映されます。選句時と違い、期間中に何度でもコメントすることができます。

次の投句が始まると自動的にコメント受け付けは終了し、結果は『過去の句会』に移動します。


句会の流れ

俳句の壺は、ネット句会を運営するための俳句投稿システムです。本システムによる句会は,投句・選句・結果の3つのプロセスからなります。結果では皆の選や自分の俳句にコメントすることが可能です。仮に、句会の日程を右図ように投句開始を5日、投句〆切を15日、選句〆切を25日に設定するとします(この設定は管理画面から行います)。その時のスケジュールは以下のようになります。なお、それぞれの〆切作業は運営者が行います。

・句会開始
  ① 9月5日 投句開始。
  ② 9月15日 投句〆切。運営者が〆切作業後、③選句できるようになります。
  ④ 9月25日 選句〆切。運営者が〆切作業後、⑤結果を見ることができるようになります。
  なお結果の間は自分の句や他人の選に対してコメントすることができます。
・次の句会開始
  運営者が〆切作業後、
  ① 10月5日 次の投句開始。⑥結果によるコメント受け付けが終了します。
  ・・・・・

⑥の後、その結果は成績の項目に移動します。書き込みは一切できなくなりますが、過去の句会はいつでも見ることができます。

もちろん、本システムで月に2度以上の句会を開催することも可能です。


管理方法

運営者の行う作業は設定と管理です。

設定画面では句会名、投句開始日、投句〆切日、選句〆切日、俳句提出数、俳句選出数、特選数について記述して下さい。
また結果を表示する際に、点数順に並べるか並べないか、無得点句の名前を隠すか隠さないかを選ぶことができます。
設定が済めばパスワードを入力して『更新』ボタンを押して下さい。パスワードは句会認証とは別ですのでご注意下さい。

次に句会の〆切作業について説明します。〆切は「投句開始」と「選句開始」と「結果発表」の3つがあります。
ここでは投句から選句に移る場合を例にして説明します。

投句〆切が過ぎると管理で状態を「投句開始」から「選句開始」に変更します。その際に現在の投句選句状況の名前を確認して全員が投句していることを確認し、投句していない人がいればメールなどで催促して下さい。

お知らせ欄に書いた内容は、投句、選句、結果ページの上部に出力されます。課題を上のように課題を書いたりする場合にお使い下さい。必要ない場合には空欄にしていても問題ありません。

状態は「投句開始」→「選句開始」→「結果発表」の順に移ることができます。結果発表からは「投句開始」と「句会中断」を選ぶことができますが、通常は「投句開始」でいいと思います。投句数や選句数を変更したい場合には、「句会中断」にしてから変更して下さい。その場合は「投句開始」に変更するのを忘れないように注意して下さい。
なお設定で投句開始日や投句〆切日を選ぶことができますが、自動的に状態が遷移する訳ではありませんので必ず運営者が手動で〆切作業をして下さい。


現状の問題点

(1) 主宰や先生を特別扱いできません。ただし規定数よりも多く選句することは可能です。今後先生特別機能を追加予定です。

(2) 縦書きについて対応できていません。投稿や選句時は原理的に縦書きにできません。最終的な結果発表については対応予定です。

(3) 携帯メールを含めたメール投稿は受けられません。誰かが代理で入力することで対応して下さい。スマートフォンのウェブブラウズ機能で投稿することはできます。


質問

質問などありましたら、まずはお気軽にこちらのフォームにてお問い合わせ下さい。

こうすればもっと使いやすいシステムになるのでは?とかこんな機能を作って欲しい、
本システムを使って句会を運営したいというご意見も大歓迎です。