logo

 
これまでに俳句の壺を利用して1000を超える句会が開催されています。
その中から説明文の公開を許可している句会を紹介します。
句会運営者への連絡を許可している句会は、メールで連絡することができます。

● 水郷会 (投句数:2)

上下水道や水環境関係者20名ほどで、
平成元年から続いている俳句同好会です。
顧問を置き、2か月に1回、偶数月に開催しています。
 
● 初心者講座句会2021 (投句数:3)

現代俳句協会初心者俳句講座受講者の句会。2021年度版。
 
● 春燈i句会 (投句数:3)


春燈i句会(通称i句会)は、春燈俳句会の運営するインターネット句会です。春燈俳句会は昭和21年久保田万太郎を主宰として誕生。俳句の抒情性を大切にしています。

(会員)
会員数80名程度。春燈のホームページで広く会員を募集しています。春燈以外の方が半数以上に達しています。会費は無料。

(句会型式)
3句投句 5句選句(選句コメント必須) 互選のみ 

(月例句会スケジュール)
毎月1日 投句開始
  8日 選句開始
 15日 結果発表 

(入会申請)
春燈俳句会ホームページより

詳細はホームページをご覧ください。http://shuntoo.sakura.ne.jp/



句会運営者:春燈i句会 (メールで連絡)
 

● 沖オンライン句会 (投句数:3)

沖のインターネットによる句会です。
 
● 俳人ホーム (投句数:3)

40年以上細々と続いている俳句の会「俳人ホーム」の公式句会場です。会員はもちろん会員でない人も自由に意見の交換ができます。今までの「俳人ホーム」のアドレスは
https://ameblo.jp/haizinhome/
です。55回まで続きました。
 
● 星の会 (投句数:5)

星の会は星野立子新人賞を受賞した有志で研鑽を積む句会です。
 
● 心太句会 (投句数:6)

超結社のインターネット句会です。
様々な領域の俳人同志の交流により、それぞれの句境を広め深めることを目指しています。
なお、最近、サーバーエラーで入会希望のメールへの返信ができないケースが発生しています。御自分のアドレスを間違えないようにお願いします。
句会運営者:齋藤雅美 (メールで連絡)
 
● コスモスの会 (投句数:20)


 
● 初心者講座句会 (投句数:3)

初心者講座句会は現代俳句協会初心者俳句講座の句会で新型コロナ感染の影響で集まって句会を開催できないところをいくらかでも補うために行うものです。参加者は積極的に選句、結果閲覧時にコメントを入れましょう。
 
● あらるげ句会 (投句数:5)

「あらるげ句会」はもともと俳人の坪内稔典さんが学生時代の1960年代後半に京都の学生を集めてつくった俳句会でした。
革新的な、新しい俳句(詩)をつくろうを旗印に活発に活動していました。
10年ほど前、坪内稔典さんとお会いして「あらるげ」の名前をしたいということで、数年前からささやかに「あらるげ句会」を始めました。参加者が増えてきたので「俳句の壺」に移行します。
句会運営者:松山たかし (メールで連絡)
 
● 椨の木句会 (投句数:3)

俳句結社誌「秋」の会員のためのネット上の定期句会です。こちらの句会への入会のためには、「秋」の購読会員にならなければなりません。年齢は問いませんので、どうぞご参加ください。

椨の木句会へのお問い合わせは
mitsuda@asahi.email.ne.jp
満田三椒まで。

主宰の総評を掲示するブログ「椨の木句会句会場」は
https://aki-tabunoki.blogspot.jp
 

● 飛朧会 (投句数:1)

この度、日本俳句研究会 俳聖 井上飛朧ひかく(井上専治)として、プレバトでお馴染みの夏井いつき先生を組長とする広場で、 「俳句の種蒔き」のお手伝いをすることになりました。
「俳句って楽しい!」を実感してください。昇級が楽しみになりますよ。
 
● なかよし句会 (投句数:5)

会の名前はユルユルですが俳句賞受賞経験者、各種コンテスト大会等の常連入賞者や俳句甲子園の元指導者によるガチンコ勝負の句会です。現在会員は六名。月一開催で指導者はおりません。その月の最高得点句の作者が翌月の兼題を自由に決めるシステムになっています。
 
● やってみよう句会 (投句数:3)

やってみよう句会は再構築中のため現在休止中です。
代わりに「とりあえず句会」が引き継いでいます。
句会運営者:大江深夜 (メールで連絡)